青汁の栄養価とその効果効能

世代を問わず人気の青汁!その効果は?

健康のために青汁を飲んでいるという人はけっこう多いでしょう。世代を問わず親しまれています。ただ、味があまりおいしくないというイメージなので、我慢して飲んでいたり牛乳などで割って飲んでいたりする人が多いことも現状です。そこまでして飲む青汁には、どのような効果があるのでしょうか。

青汁の主成分にはケールという野菜が使われています。ケールはベータカロテンやビタミンCを多く含んでいて身体の酸化を防いでくれる働きがあります。40歳を過ぎると血管や内臓がもろくなってくるため、加齢による衰えをストップさせることができます。

メラトニンも含まれています。これは睡眠の質を高める作用があり、疲労を回復したり肌の調子を上げたりします。

大麦わかばも多く使われています。これには酵素が含まれていて、肌を白くしたり肌荒れを改善したりするのに効果的です。

明日葉も主成分として使われています。明日葉にはカルコンや食物繊維が含まれていて、老廃物を体外へ出し、血の巡りを良くしたり便秘を改善したりする効果があります。

身体に良いものばかりが含まれているため、世代を問わず人気があるのもうなずけるでしょう。味がどうしても苦手という方には、サプリがおすすめです。サプリタイプでも栄養はしっかり濃縮されているため、ドリンクと同じです。飲みやすくて携帯もしやすいので忙しい方にもおすすめです。