青汁の栄養価とその効果効能

青汁の栄養価とその効果効能

目にも鮮やかな緑色が身体に優しい効果をあらわしてくれる青汁ですが、青汁にはヒトの身体に良い作用をもたらす成分が豊富に含まれています。

青汁には、ケールや大麦若葉、アシタバなどが原料として使用されています。
その栄養成分は13種類のマルチビタミンやミネラルなどが含有されています。 同じ栄養素をもつ野菜などと比較してもその含有量は多いことが青汁の特徴の一つでもあります。

とくに青汁の原料としても認知度の高いケールはビタミンCキャベツの6.5倍、ビタミンAは人参の2倍、この他にも豊富なビタミンB1、B2、B6、ビタミンEそして抗ストレス作用のあるギャバや牛乳の2倍以上のカルシウムなどが含まれています。このように一つの食材から多くの豊富な含有量を摂取できます。

また、癌疾患や発がん性物質を抑制してくれる効果さらには近年急速に患者数が急増している生活習慣病など幅広い疾患の予防にも効果が期待されています。

ただし青汁は食品なので数回飲んだからといってもなかなか満足のいく効果が得られるのは難しく毎日飲み続けることで高い効果を得ることができます。
多くの栄養成分を含む青汁ですが単一の野菜からこれだけの豊富なビタミンが摂取できるのは青汁だけです。